世界同時不況が起きる公算は?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"筆者は世界同時不況が起きる公算が大きいとみている。
株価は断続的に下落し、
時に反発することがあっても総じて下落基調を強めるだろう。
こうした状況は数年間続く可能性もある。"

今日の日経新聞オピニオン欄の
フィナンシャル・タイムズ・コメンテーターの文章から。
悲観的でシニカルな論評の多いFTですが、
ずいぶんと言い切ってますね。
そして、アルゼンチン、イギリス、イタリア、アメリカの
最近の政治的な動きを概観してこう結論づけます。

初めてのネナ・チェリー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今夜はビルボードライブ東京で
初めて観るネナ・チェリーのコンサートでした。

最新作「Broken Politics」を聴くと
かなりオーガニックな雰囲気でしたが、
ライヴでは
よりヘヴィーでファンキーな演奏に感動しました。

崩れ始めた東アジア秩序

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"東アジアの各地ではこの1カ月、
外交上、安全保障上の出来事が次々と発生した。
しかし、これらの出来事は、
より大きな一つの病気の諸症状にすぎない。"

"これまで当然のこととされてきた
米国の軍事的優位性や外交の予測可能性は、
もはや前提にはできない。
中国は、東アジアの安全保障体制の中で
もう米国の後じんを拝するような役割を
受け入れるつもりはない。
こうした新たな環境の中で、
ロシア、日本、北朝鮮などほかの国々も
アジアの安全保障に関する従来のルールを
どこまで逸脱できるのかを試している"

ザルツブルク⑫最終日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ザルツブルクは、
昨日までとは打って変わって寒い曇りの雨模様です。
涼しいので、
カプチン山の上の修道院まで行ってみました。
眺めがよく、
もっと天気のいい日に登ってみればよかった!

ザルツブルク旅行⑪カメラータ・ザルツブルク

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8月11日

19時30分開演のコンサートは、
古楽の大物ロジャー・ノリントン指揮による
カメラータ・ザルツブルクの公演でした。

演目は、
オペラ『イドメネオ』へのバレエ音楽、
ストラヴィンスキーの「ミューズを率いるアポロ」、
ハイドンの交響曲第104番。

ザルツブルク旅行⑧マチネ、「アルチーナ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8月10日

11時開演の
モーツァルト・マチネと名付けられたコンサートは、
アンドルー・マンゼ指揮モーツァルテウム管弦楽団、
フランチェスコ・ピエモンテージのピアノという編成。
座席はなんといちばん前。

プログラムは、
ディヴェルティメントKV.137、ピアノ協奏曲第27番、
交響曲第40番というおいしい組み合わせ。