清水和音が弾く三大ピアノ協奏曲

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

怒涛のクラシック・コンサート週間の最後は、
サントリーホールで清水和音が弾く
ベートーヴェン/チャイコフスキー/ラフマニノフの三大ピアノ協奏曲。
彼を生で聴くのはたぶん初めて。
オーケストラは、
昨日に引き続き東京フィルハーモニー交響楽団です。
座席は1階6列27番。
手元は見えないけど
ピアノの音が美しく聞こえました。

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73「皇帝」
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 作品23
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18

チョン・ミョンフンのマーラー第9番

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今夜は、
サントリーホールでチョン・ミョンフン指揮の
東京フィルハーモニー交響楽団による
マーラー交響曲第9番を聴いてきました
座席は2階C7列15番。
ほぼ真ん中の観やすい席でした。

前半は、
座った席のせいか、
なんだか管楽器と弦楽器のバランスが悪く感じられて
集中できませんでした。しかし、
第3楽章のクライマックスからがぜん盛り上がって、
最終楽章のアダージョは素晴らしい演奏でした。
とにかく弦の美しさが印象的でしたね。

クルレンツィス&ムジカエテルナ第3日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

サントリーホールでの
テオドール・クルレンツィス&ムジカエテルナ第3日目の最終日。
いやあ、凄かった!
座席は1階15列15番。
とても観やすい席です。

今夜もオール・チャイコフスキー・プログラム。
前半の組曲第3番は、
管弦楽曲の面白さをすべてつぎ込んだような楽しい名曲でした。
予習の成果で最後の第4曲の12の変奏を
しっかり聴き取って楽しめました。

クルレンツィス&ムジカエテルナ第2日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

すみだトリフォニーホールでの
テオドール・クルレンツィス&ムジカエテルナ第2日目
座席は1階20列12番。
とても観やすく楽な席。

昨日と同じチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、
よりスピード感が増して見事な出来。
裸足で飛び跳ねながらヴァイオリンを弾く元気娘、
パトリツィア・コパチンスカヤの
アンコールは昨日と同じだけど、
よりくだけた雰囲気でリラックスした演奏が聴けました。

マルゴーとオー・ブリオンのセカンド1996の飲み較べ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今夜は
銀座「マンジェ エ ボワール ナガオ」での
Tさん主宰のワイン会に参加してきました。
メイン・テーマは、
マルゴーとオー・ブリオンのセカンド1996の飲み較べです。

・Laurent-Perrier La Cuvée Brut NV
・Francis Boulard Les Murgiers Brut Nature NV
・菊鹿シャルドネ NV
・Pavillon Rouge du Chateau Margaux 1996, Margaux
・Le Bahans du Ch. Haut Brion 1996

本による出会い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"どうして詩を書くのをやめてしまったかって?
それは十七歳まで書いてきて、
もうこれ以上書くためには
勉強が必要になるとわかったからですよ。
大久保正博は日本料理店で、
茶碗蒸しを食べながらいった。
口髭を蓄えた、温厚な表情の実業家である。
その雰囲気からは、
三十年前に一世を風靡した「天才少年詩人」
帷子耀(かたびらあき)を窺わせるものは何もなかった。"

現在、
四方田犬彦さんの『詩の約束』を読んでいます。
「詩と訣別してしまった人間を、わたしは個人的に三人知っている。」
として始まる「訣別する」の章に最初に出てくる
帷子耀について次のように書いてありました。

ヴォーヌ・ロマネを中心としたワイン会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「メゾン・ド・ミナミ」で行われた
塩手さん主宰の
「ヴォーヌ・ロマネを中心としたワイン会」に
参加させていただきました。

●ワイン
◯ シャンパーニュ
Philipponnat NV

◯ 白ワイン
Thomas morey Bourgogne Chardonnay 2015
Thomas morey Chassagne Montrachet 2015
Thomas morey "Chassagne Montrachet 1er Morgeot 2015

◯ 赤ワイン
Mongeard Mugneret Bourgogne Pinot-Noir 2012
Alain Hudelot Noellat Vogne-Romanee 2012
Confuron Cotetidot Vogne-Romanee 2008
Jean Pierre Mugneret Vogne-Romanee 1er 1999
Jean Pierre Mugneret Echezeaux 1994

ムーティのブラームス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

サントリーホールで
リッカルド・ムーティ指揮
シカゴ交響楽団の公演を聴いてきました。

仕事がらみでいただいた招待券で、
ムーティにちなんで
イタリアンの料理とドリンクのパーティ付き
というありがたいチケットです。
銀行の頭取、小泉純一郎さんもお見かけしました。