アメリカの白人人口が減少

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"米国勢調査局が12日に発表した2020年国勢調査の詳細によると、
米国の白人人口(中南米系のヒスパニックを除く)が
10年前の前回調査に比べて2.6%減少した。
米メディアによると白人人口の減少は1790年の国勢調査の開始以来初めて。"

昨日の日経夕刊から。
米の白人が初の人口減

カズの苦言

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"3位決定戦後に吉田麻也選手からメッセージをもらった。
「W杯でも五輪でも日本は肝心なところで勝てない。
真剣に考えるべきときにきている」
ある評論家は「健闘で満足するな。
それでいいのはアマチュアだ」と語る。
「感動をありがとう」の決まり文句で
負けた大会が締めくくられることは、
ブラジルだとないだろう。"

今日の日経スポーツ欄の三浦知良「サッカー人として」から。

日本代表の伸びしろ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"...けがで出遅れていたウイング三笘薫が
準決勝でベンチ外になったのは残念だった。
3位決定戦の残り約30分、0-3になってから
やっと出てきた三笘がみせた大立ち回り。
得点も決めて、調子は上々にみえた。
だからこそ、準決勝の延長戦に
三笘がいればスペインに勝てたかも、と思う自分がいる。"

今日の日経スポーツ欄「スポーツトピア」は、
中村憲剛の「不足を未来の伸びしろに」です。
五輪の敗因と今後について書いています。

「内輪の論理」からの転換へ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"それぞれの経緯を見ると、
これらは日本の関係者の内輪なら
あいまいに済まされていたかもしれない問題だ。
しかし情報化とグローバル化が進んだ現代では、
事態はすぐ国内外に拡散してしまう。
そのため著作権侵害や女性蔑視発言なども、
昔より大きな波紋をよびやすい。"

今日の朝日新聞文化欄の
歴史社会学者・小熊英二さんの寄稿
<「内輪に閉じた東京2020五輪」/a>から。

「64年幻想」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"57年後の日本に「東洋の魔女」はいなかった。
...「1964」がもたらしたような多幸感は社会に見いだせない。
聖火が消えて、コロナ禍の日常に引き戻されるだけでなく、
そもそも往時との落差があまりにも大きいのである。"

今日の日経1面「続「1964」夢と現実」から。
論説委員会・大島三緒さんの記事です。

2つの判断ミス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"銅メダル逃す完敗、采配に疑問も...
本田泰人が指摘する「2つの判断ミス」"

これがサッカー人の歯に衣着せない本音でしょうね。

広島にて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

広島市長の言葉は明快で力強い。

菅首相の言葉は・・・途中で字幕が切れたのは
直近で原稿を直したからかな? 
核兵器禁止条約に関してでしたが・・・。

ビリー・アイリッシュの新作

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"サウンド面では、
太いベースを打楽器や効果音のように用い、
低音域を大胆に埋めていくというこれまでの特徴はやや薄れ、
過去作の焼き直しと感じさせる部分は少ない。
その分、アコースティックやボサノバなど、
さらなる音楽的な深化を感じさせる多彩な楽曲が並ぶ。"

今日だけで3回聴いた、
私の最近のお気に入り、ビリー・アイリッシュの
新作「Happier Than Ever」についての朝日新聞の評論

夏休み

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は今日から比較的長い休みに入ります。

毎年、書いていますが、
働く時はキッチリ働いて
休む時もキッチリ休むのが私の個人的な信条です。

ハイブリッド戦争?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

"そこで考えられる第2のシナリオが、
中国による「かく乱戦争」だ。
サイバー攻撃や情報・分裂工作によって社会を混乱させ、
台湾当局への市民の不満や不安をあおる。
同時に経済カードを使って親中派をさらに取り込み、
台湾の統治を弱体化していく路線だ。